5sBanK事業案内

弊社「業務直結型5S」事業内容の概要

弊社は「業務直結型5S」を中心に中小企業様向けに展開しています。
新しい5S手法である「業務直結型5S」を通じた「人財育成と会社利益の創出」を狙いとしてます。
たたき上げ専門家が 一緒になってアドバイス致します。

弊社5Sの特徴は、一般的な5S認識である「職場を掃除して綺麗にする事」には目標を置いてません。
当社の「業務直結型5S」のターゲットは、会社業務であるQ,D,C,S,Mを5S視点で改善し、業務で成果を出す5Sです。
一言で言うならば5Sの定義である「仕事を安全に楽なものにする」改善活動を通じて現場の基盤強化の推進です。

従って、
業務に直結した管理業務の基礎でる以下の業務も支援しています

1.5S活動
2.標準類の整備
3.問題点の解析と改善活動
4.人事評価制度の導入
5.仕入先指導

 
こうした現場の基盤強化に直結させる思想から生まれたのが当社の「業務直結型5S」です。

業務形態

御社の現場に出向いて、現場確認後に直接アドバイスが主となります。 
また, 社内セミナー開催も必要に応じ開催しております。  御社課題の解決策を一緒に考え・行動できる人材育成を通じ、未来を迎え入れる強固な企業体質強化に努めて参ります。

現場の5Sに対する思い

①日本の、ものづくりの強みである5Sに危機感。

現役サラリーマン時代から、5Sが定着してない製造現場を見る頻度が増え、近い将来に日本ものづくりが海外勢に負けてしまう? 危機感を同僚共々感じ、そうしたサラリーマン時代、特に力を入れて指導したのが「5S」の再構築でした。


②5Sの問題点とは?

5Sと言えば、どのような事を思い浮かべるでしょうか?一般には、設備や道具等をピカピカにする、またはホウキでゴミを片付ける等の「掃除」と考えるでしょうね。
こうした掃除活動では、手間や費用が掛かる割に「人財育成や会社利益」に直結せず効果的では無い点です。つまり「5Sは儲からない!」これが問題点です。


③この問題点の解決が私の企業の原点

私が今迄お世話になった中小企業様に貢献できる事と信じ、「人財育成と会社利益」に貢献する5sBanKを起業するに至りました。
起業の思いは、5sBanKの意味である「5Sは、ヤレばヤルほど会社

当社5sBanKの強み

これは一言ですね。現場の「たたき上げ」である事です。 たたき上げの私の信条は「現場の最重要課題は5Sである!という事です。

つまり数多くの現場の経験上、その会社の現場5Sを見れば、たたき上げの特徴 = 「品質も人質も」ほぼ実力と課題が理解できます
 
この経験から、弊社の取り組みは「大企業の強い利点を、中小企業の弱点強化をする為 分かり易く伝承する」事を進めています。簡単に言うと、サラリーマン時代からの長い期間で、仕入先の問題解決の経験を、作業者視線で分かり易い手法に作り変え提唱し活用しています。 
この間、各仕入先様の現場での指導を通じて有効な活動を模索していました。
それは、業種を選ばずに、会社利益が出る、効果的な指導法です、そうした中、完成したのが当社独自の「業務直結型5S」であります。
 
従って、「業務直結型5S」は、短時間での思い付きや理屈から出た座学教育的では無い為、私が行うコンサルティングでは、作業者の目線で分かり易く、また体験上の活きた事例を等身大にアドバイスを可能にしています